Line6 HX STOMPをフルに使う 演奏レビュー【動画】

どうもこんにちは。

新しい相棒のLine6 HX STOMPを使って自身の楽曲【Grand Central Terminal】を弾いてみました。

この楽曲では実際には基本のリバーブの他にディレイ、ピッチシフター、フランジャー、ディストーション、フィルターを使います。また別でルーパーを用意します。(Line6 m9)

また楽曲の構成上、アンラッチ、ラッチ式とペダルの特製も変えますし、エクスプレッションペダルを使用して数値も変化させます。

それを従来まではコンパクトエフェクターで表現してきました。

そして今ではLine6 HELIX LTを使って表現しています。

今回のHX STOMP で完璧ではないにしろ表現する事に成功しました。完璧ではないという理由ですがサウンドは申し分ないのです。なぜならLTとHX STOMPはサウンドエンジンが一緒であるため全く同じ音を出せるのです。

が、使えるエフェクト数に限りがあるので多くのエフェクトを使う場合、取捨選択が必要になるわけです。

といっても超強力な5つのサウンドを使えるのだからアコースティックギターを弾く上ではそうそう事足りる訳です。

僕の場合はライブの内容で分けて使う様にしています。遠出やツアー、演奏曲が少ない場合はHX STOMP、都内近郊でのフルステージの場合HELIX LTといった具合ですね。

下記演奏動画はライブでの同じ曲

最新情報をチェック