ワンマンショーExperience20190921

  • 2019年7月9日
  • Blog

ワンマンライブやります!
遊びに来ませんか?
 

自負してますから。
演奏も楽曲も、他のギタリストよりも面白い事をやってるっていうね。
色々な経験もしてきたし酸いも甘いもあるしね。
なんだろ、まぁ人間全員そうなんだけどさ。それでも面白いって言い切ります。
なのでRyutaroってどうなん?って人、特に待ってますよ!


はい。ということで
YAMAHAテンモニ買っちまったんだよ。
世界のレコスタの定番ニアフィールドモニター。
状態が非常に良いものをゲットできました。イエイ。
それと同時にプリメインアンプも買いました。
ONKYO A-817Dという40年前のもの。俺より年上か。
こちらも良い状態の物を買うことが出来ました。

音はね、良いですねぇ。左に写ってるモニターはフルレンジスピーカー。
ソロアコギ聴くならフルレンジが一番だと思います。アコースティックギターのレンジを表現するなら
フルレンジで十分だし理想とされる点音源に近い表現なので音像のボヤケ、位相の乱れを感じない。ストレート。
これで聴くと気持ちいいんだよね。

で右のがRCFのなんだっけコレ。大阪のオーディオ魔人みたいなすげー人がすげー絶賛してたので購入。
これもいい。フロントバスレフでサイズの割りに低音もしっかりしてるし、聴いていて気持ち良い音がでる。今風のサウンドで色がついて出力されてる感じ。フラットではないか。
リスニングの他、ギターをオーディオインターフェースさして出力する際はもっぱらこのスピーカーで出してる。

んで真ん中が今回買ったテンモニ。まだこの写真の時はインシュレーターは用意できてないね。
いいスピーカーだ。早速自分の作品を再生してみたら粗が視えてしまったじゃないかよ。まさかここまでとは。
うーん。これは悩ましいスピーカーだね。ここまで視えたのは初めてだ。視えすぎて壊れてんじゃないかとおもって他の楽曲やリファレンスCDを確認しちゃうほど。

多分こちら側のアコースティックギターの聴かせたい、聴きたい音域とテンモニの聴かせてくれる音域に差異があるんだろうなと感じた。ゴリゴリの打ち込みじゃない女性の歌物が本当に心地よい。なので 中島 美嘉ばかり聴いている。俺は恋をしているんだ。あとはやっぱり粗を探すという意味でRECには今後大いに役立ってくれそうです。

 
そしてQBハウスの申し子ことRyutaro。
ライブの前も撮影の前も冠婚葬祭の前もQBハウスでカット。
毎度プロフェッショナルなデザインカットに下を巻いている。今まで失敗した経験はあるかって?
あるにきまってんだろ。TDS vol4はノリスケみたいな髪型だったから帽子を被って出演したんだぜ!
でもやめらんねぇんだ。一期一会の出会いがやめらんねぇ。あと話しかけてこないから好き。
終わった後に頭を掃除機で吸われるのも好きなんだ。
値段じゃないんです。1080円じゃないんです。1200円なんです今は。

見事公然猥褻カットになれました。

 本当に良いお店と良いシステムだぜ。これからも通うからね!
ライブ来てね!

最新情報をチェック